ネット日記は最長3ヶ月…。 目指せ4ヶ月!!
3日続けば万ヾ歳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
いろいろ更新-旅行2「べにや無何有」さんありがとう
2005-09-27-Tue  CATEGORY: 日常
今回、山代温泉に二泊しました。お宿は「あらや滔々庵」でした。ですが、次に来ることがあれば「べにや無何有」さんに泊まりたいと思います。「あらや滔々庵」さんが悪いのではなく…。詳細は以下に。

さて、自動車博物館を出たのですが、宿に行くにはちょっと早い…。そこで、那谷寺に行ってきました。木々が多く涼しい場所でした。ナビが目的地のすぐ近くの道路を教えるのでちょっと迷いましたが…。ナビなら駐車場を教えてくれないと…。
寺とは言うものの、神社と寺の中間みたいなところでした。歴史的にはシャーマニズム(自然信仰)に真言宗が融合したというところでしょうか?専門ではないのですが、白山信仰・洞窟を胎内に見立てての生まれ変わりなど、仏教としての寺としては異色だと思いました。土着の宗教を打ち壊して教会を建てるキリスト教に対して、いろんなものを受け入れて融合させていく「日本らしい宗教」ですね。ただ、施設としてはいろんなところでお金を払うシステムがあり、観光地だなぁと思いましたが。境内は広くて孫と婆が散歩するには丁度良いカンジでした。紅葉の季節に来たら素敵でしょうねぇ。

那谷寺を出ると、宿へ行くのに丁度良い時間でした。ここでもナビが…というか運転者が間違えたようで、宿のすぐ近くにいるようなのですが、どうも裏手辺りにいるようで着かない。仕方がないので、どこかの宿の駐車場に入って、わかるところまでUターンすることにしました。すると、そこの宿の方が出てきて「どうしましたか?」と訊くので「滔々庵さんに行きたいのですが」というと、それは丁寧に教えてくれて地図をくれました。その方の対応がかなり好印象で名札を見ると無何有さんでした。大げさでなく「あぁ、こっちに泊まりたいかも」と思うくらいの対応でした。もし、再び山代温泉に行くことがあれば、ぜひ利用したいです。あの対応一つで、楽しい旅行の気分になりました。

無何有さん、ありがとうございました。

さて、今回の旅行で宿を決める際に「厨 八十八」と滔々庵で迷いました。厨八十八は「館内 総畳敷き」というのが魅力の一つでした。子供は歩けるのですが、スリッパは履かせてもすぐに脱げますし、履くこと自体を面倒がって裸足で歩いたりします。でも、他の客がスリッパで歩くところを裸足で歩いて、そのまま部屋に上がるのは気持ち良いものではないです。なので畳敷きでスリッパ無しなのは、魅力的でした。ただ、厨八十八は山中温泉で、今回は山代温泉に泊まりたかったので、滔々庵にしました。
滔々庵さんに入ると、畳敷きでした!これはガイドブックとかには載っていないので、得した気分になりました。山代温泉では畳敷きは当然でアピールしないのかしら?前述したとおり、畳敷きに惹かれる親もいるので、もっとアピールしないともったいないなぁ。部屋にある旅館の紹介の本を読むと以前から畳敷きだったようですが、厨八十八とどっちが先なのかはわかりませんでした。今思えば、仲居さんに訊けば良かったですね…。
エレベーターの中には飾りが天井から下がっていたのですが、これがウチの子供には好評でしたw。「お祭りのエレベーター」と言って乗るたびに喜んでました。
部屋の位置はエレベーターの真横でした。まぁ、2歳児連れなので仕方がないですね。部屋は広くて良かったですが、部屋の畳にタバコの焦げ跡が目立ちました。これは焦がした宿泊客が一番悪いのですが、良いカンジはしませんでした。部屋菓子に金つばがありました。これがゼラチンに豆をそのまま入れたカンジの金つばで子供と自分には美味しかったです。加賀の金つばというと餡子を四角に焼いたカンジのもので、相方はこっちの方が好みのようです(餡子を焼いたという表現は間違っているそうな)。自分が好みの金つばは滔々庵の土産コーナーにあるそうなのですが、結局、土産コーナーを覗く機会はなく買えませんでした。どっかで取り寄せできるかしら?機会があったら検索してみます。
温泉といえばお風呂ですが、良かったですねぇ。今までにもいろんな温泉に行きましたが、山代温泉はかなり良かったです。『温泉を楽しむ歳になった』ということもあるでしょうけれども、お湯が柔らかいカンジでゆっくり浸かれました。浴場は2種類あって一つは普通の浴場、もう一つは浸かる為の浴場でした。12歳以下のお子さんお断りの「ゆっくり浸かる為の浴場」はのんびりするのに良かったです。季節的にも露天も気持ちよく、ゆっくりお風呂に入れました。
料理も非常に美味しかったです。予約の際に「一つ上の料理プラン」で予約したはずが会計の際に安いプランになていましたが、気づかずに十分楽しめました。アワビを切ってアボガドと一緒に焼く料理があったのですが、伊豆で食べたアワビの踊り食いよりもこっちの方が自分には美味しかったです。
ちょっと離れにバーがあるのですが、温泉を楽しんで料理を楽しんだら眠くなってしまって利用できませんでした…。こうして一泊目は終了しました。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 3日続けば万ヾ歳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。