ネット日記は最長3ヶ月…。 目指せ4ヶ月!!
3日続けば万ヾ歳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
酔った勢い日記!
2006-08-01-Tue  CATEGORY: 未分類
「念仏」って誰の為にあるんでしょーね?

死んだ人の為にあるんではなさそう。だって、どんなに有難い念仏だって、生前に理解できなかったものが、死後に理解できるってこともないだろーし(死後の魂が自分に対しての念仏を聞けると仮定して)。

で、もしも『坊主、丸儲け』のためにしている行為であれば、廃れていてもおかしくないのに、ずっと…しかも世界的に行われてる行為だし。

ってことは、やっぱ遺族のために行われてるってことでしょう。




近しい人が亡くなると、人間っていうのは必ず後悔します。
「二度と会えないなら、このあいだ会った時にもっと優しくすれば良かった」
「自分がどんなに大事に思っていたか、伝わっていただろうか」
「もっとありがとうって言いたかった」
「もっと大切にしてあげたかった」
でも、後悔しないなんて不可能だと思う。大事に思っていればいるほど…。

自分が結婚したり、子供を生む前に、親が亡くなれば「結婚して幸せな姿をみせて安心させてあげたかった」って思うだろうし…。
結婚して旦那とか子供がいれば、時間は有限なので両親に費やす時間は相対的に少なくなるし。
自分の両親を大事にしていて旦那が亡くなれば、「自分は本当に旦那を大切にできただろうか」って思うし。

大事な人がいなくなれば、それがどうしようもない出来事であったとしても、「あの人は幸せだっただろうか」と考える。そして、「幸せだったと思ってくれていると良いな」という、残された遺族の悲しみや悔恨を癒すのが念仏だと思う。

古くからある宗教にしても、新興宗教にしても、人の心は癒せてるのかなぁ。

自分は仕事柄、親子の死別を見てきたんだけど、どうして良いのかわからなかった…。幼い子供の命が、今、目の前で消えようとしている時に、認識したくない母親は、子供から離れたくなる。そこで、「お母さん。○○ちゃんの手を握ってあげてください」って言うんだけど…握って最後を看取るのが、母親の心を救うんだけど…。

医者っていうのは、命を技術で救おうとするし、傷ついた身体を治そうとするんだけど、心はどうだろう。

「自分の大切な人がいなくなった」
誰が悪いのか。
自分が悪かったのか。
医師が悪かったのか。
行政が悪かったのか。
神仏が悪かったのか。

そりゃ、悪いのが存在することもあるだろうけど、どうしようもないこともあって…。
『病気が悪い』
『運が悪かった』
としか言えないことの方が多くて。

そんな時に、心を慰めるのが宗教だと思うんだけどなぁ。

でも、今は「近親者を亡くした人に対する精神科のアプローチ」というのが取り組まれていて、既存の宗教の方からのアプローチは無いよね。
これは、「信仰の自由」というのをヘンに解釈したマスゴミの影響もあるだろうし、人の心を救うのことに積極性がない既存の宗教にも問題があるんだろうなぁ。

医学(医療技術)は進歩して、病院も増えて、医師の人口も増えているのに医療をめぐっての裁判が増加しているのには、「心を救ってもらえない遺族」が放置されているからじゃないかと思ったりした。
今も続いてるか知らないんだけど、「週刊少年マガジン」に『ゴッドハンド輝』だかってマンガがあったよね。

「絶対に患者を死なせない医師」という設定だった。
でもさ、人間っていつか死ぬし、病院っていうのは人が死ぬ場所だし、医師っていうのは「人が息を引き取る瞬間を一番多くみる職業」なんだよね。

あのマンガは「ミスター味ッ子 医療編」だと思ったり。
どうしようもない自体になると、どこからともなく救いの手が現れて(味ッ子だと辰とか源さん)、不可能や絶体絶命もなんとかしてくれる。

「ブラックジャックによろしく」は、日本のどこかに本当にありそうな話の「よくできた医療マンガ」なんだけど、「ゴッドハンド」は「どこにも存在しないよくできたファンタジー」なんだよね。
まぁ、青年誌と少年誌の違いがあるので当然なんだけどさ。

酔いが醒める前にUpしておきます。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 3日続けば万ヾ歳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。